2014年10月21日

卓球ジュニア選手育成プログラムの評価はどうなの?

卓球ジュニア選手育成プログラム 〜試合で勝ちたいジュニア選手や親御様へ、ジュニア卓球に特化した指導法〜【加藤雅也 監修】

卓球ジュニア選手育成プログラム 〜試合で勝ちたいジュニア選手や親御様へ、ジュニア卓球に特化した指導法〜【加藤雅也 監修】


卓球ジュニア選手育成プログラム 〜試合で勝ちたいジュニア選手や親御様へ、ジュニア卓球に特化した指導法〜【加藤雅也 監修】

プロフィールで、加藤雅也さんの実績をご紹介しました。

正直、世界大会やオリンピック、国内大会の優勝経験など、試合実績だけであれば、加藤雅也さんよりすごい人は他にもいます。

しかしながら、教え方が上手い人からの指導を受けないと、ただのファンになってしまいます。

様々な卓球指導会で指導し、子供たちの卓球試合も実際に見てきて研究に研究を重ねてきた加藤さんは、そうした経験を経て、教え方の最も大事なポイントに行きついたのです。

それは、目先の勝敗にこだわらず、ジュニアたち個人の技術を伸ばす事を重点に置くということです。

つまり、ジュニア卓球の指導においては、今日明日の結果よりも、ジュニア達の将来を見据え、“基礎を徹底的に伸ばす”事の方が重要だと分かったのです。

実際、この事に気づいてから、加藤先生達のスクールは変わりました。

もちろん、取り組む練習も変わりましたが、一番変わったのはジュニア達の自主性とやる気です。

目標を、目先の勝敗ではなく、個人のスキルアップに置く事で、ジュニア達には良い意味で心の余裕が生まれました。

そして、練習を楽しみながら、個々のレベルアップが図れるようになり、遂には、以前よりも強いスクールを作る事が可能になったのです。

「当り前のことを…。」と思われたかもしれませんが、実際卓球の指導現場では、「個人の試合に勝つ力を伸ばす」といったポイントに重きを置いて練習が組まれている所は多くありません。

多くのスクールでは、勝敗にこだわった戦術的な練習を取り入れています。

そして、その戦術は、身体試合に勝つ力の高い卓球選手を軸に作られている場合が多い物です。

しかし、このような練習を取り入れても、身体試合に勝つ力の高くない子は結局ついて行けません。

せっかく、卓球が大好きでスクールに入ったのにもかかわらず、卓球が面白く無くなり、結果、辞めて行く子達が多いのです。

ジュニアの段階では、まだその子が将来どのような成長を遂げるか分かりません。

もしかしたら、数年後に才能を開花させ、将来、日本代表としてオリンピックや世界選手権で活躍する選手になるかもしれません。

それなのに、途中で辞めるのは、本当にもったいない事です。

しかし、ジュニアの心はそんなに強くありません。

本来、卓球が好きで始めたジュニア達も、「ただ勝つため」の練習では身も心も持ちませんし、モチベーションが保てません。

このような事実があるからこそ、お子さんが今後、卓球卓球選手として成長する為にもお父さんお母さんの存在は、とても重要になります。

お子さんの気持ちが折れてしまう前に、あなた自らがお子さんへ、楽しみながら自主性とやる気、個人技術をアップさせるような練習方法を教えてあげる必要があります。

では、具体的にどのような練習が効果的なのでしょうか?

様々な指導経験を経て、その答えはジュニア卓球の練習にたどり着きました。


卓球ジュニア選手育成プログラム 〜試合で勝ちたいジュニア選手や親御様へ、ジュニア卓球に特化した指導法〜【加藤雅也 監修】

なぜ、ジュニア卓球練習が、お子さんの試合に勝つ力を成長させる上で有効な方法なのでしょうか?

それは主に3つの理由があります。

「力ではなく ボールのとらえ方」

ジュニア卓球テクニックは体格や身体試合に勝つ力の差を埋める事が出来ます。

これは、ジュニア卓球においても同じ事です。

特にジュニア卓球の場合は、効果的なスイングの出し方が、多くのスクールで教えられません。

どれだけ体格があり試合に勝つ力が劣っていたとしても、テクニックの出し方一つで相手から勝利をもぎ取る事は充分に可能なのです。

つまり、体格差や、身体試合に勝つ力差が大きいジュニア期において、ジュニア卓球テクニックを育てる事は、あなたのお子さんが試合で活躍する上でとても重要な事なのです。

「フットワークと俊敏な体を鍛える」

ご存知かもしれませんが、運動神経はジュニア期に育ちます。

なので、もし、お子さんを一流の卓球選手に育てたいのであれば、卓球センスの基盤となる敏捷性、バランス感覚等の運動神経は今の内に磨いておく必要があります。

通常、その為の練習はひたすら素振りやサーブ、レシーブやドライブの表面的繰り返し。ジュニアに受け入れられ難い練習ばかりです。

しかし、やり方次第ですが、ジュニア卓球練習によって、お子さんの敏捷性、バランス感覚等の卓球に必要な運動神経を、練習を通じ楽しみながらグングン育てる事が出来るのです。

ここで養われる運動神経は、今後、お子さんがどのようなスポーツに進んでも一生役立つものとなります。

「試合に勝てる喜びを持たせる」

最も重要なのはこの、3つ目のポイントです。

ジュニア卓球練習は取り組み方次第で、楽しみながら個人の成長を目指した加藤先生のジュニア卓球練習法は、「どうすれば、もっと強烈なドライブで相手のスキを逃さず勝てるのか?」「どうすれば、レシーブで相手にポイントを取らせないか?」 など、ジュニア達に頭と感性を使う機会をたくさん与えます。

この考える機会が、お子さんの「自主性」と「他の子には無い発想力」をグングン育てるのです。

そして、自らのひらめきや発想により実際の試合に変化や結果が出た時、お子さんはこれまでにない達成感と喜びを得ます。 

「試合に勝てる」「強くなれる!」この感覚と喜びは、お子さんに更なるやる気をもたらします。強くなりたいから「頑張れる」のです。

そして、卓球に対する興味を更に高め、上達する事に自らどん欲にさせるのです。

こうなってしまえば、お子さんは放っておいてもグングン成長する事になります。


>>更に詳しい内容はこちらをクリック







































【卓球ジュニア選手育成プログラムの関連サイト一覧】
卓球ジュニア選手育成プログラムで卓球を極めろ! 卓球ジュニア選手育成プログラムの評判は本当? 卓球ジュニア選手育成プログラムは本当に効果があるのか? 卓球ジュニア選手育成プログラム〜卓球が上手くなる方法〜 卓球ジュニア選手育成プログラムで卓球が上達する!

【その他卓球教材】
驚異の卓球上達法【効果・評判・口コミ】 驚異の卓球上達法 驚異の卓球上達法
posted by 卓球ジュニア選手育成プログラム at 17:40| 卓球ジュニア選手育成プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。